Trip World

写真多めの旅行記(現在ハワイについて執筆中)

お肉嫌いな私がお勧めするハワイのステーキ屋

おすすめステーキ屋ウルフギャング

f:id:natsuchallenge:20170203223510j:image

ウルフギャングは、美味しいステーキ屋さんです。
ロイヤルハワイアンセンターに入っています。

ウルフギャング・ステーキハウスは、NYの名門ステーキハウスで40年以上活躍したウルフギャング・ズウィナー氏が独立して2004年マンハッタンに創業。こだわりのステーキの美味しさで瞬く間に繁盛店となりました。現在では、舌の肥えた美食家をも唸らす"極上ステーキハウス"として、ニューヨークをはじめ、ワイキキ、マイアミ、ビバリーヒルズで絶大な人気を誇ります。日本国内1号店の六本木店は、アメリカ国外初出店となります。アメリカ農務省(USDA)の格付けで最上級の品質と認定された「プライムグレード」を、専用熟成庫で長期熟成します。牛肉は熟成が進むと、肉自体が持つ酵素の働きで肉質が柔らかく変化するのと同時に、タンパク質が分解されて旨み成分であるアミノ酸が増してゆきます。この長期乾燥熟成によって柔らかい食感と旨味が増した肉を厚切りにして、900℃のオーブンで焼き上げます。熱々の皿に乗せてサーブされるステーキの迫力はまさに圧巻。その焼きあがりは、表面はカリっと香ばしく、中からはジュワッと肉汁がしたたります。ステーキの他にも本格的なシーフードメニューや世界各国の1000本以上のワインをバラエティ豊かにご用意しております。ウルフギャング公式サイトより引用

食べた感想

f:id:natsuchallenge:20170203224019j:image

ドーンとお皿になって出てきます。このお肉が載っているお皿火傷するほど暑いので触らないよう気をつけて下さい。(私はそれで火傷しました・・・)最初の一切れは、スタッフが盛り付けてくれます。

f:id:natsuchallenge:20170203224134j:image

マッシュポテトみたいなのとホーレン草ソースみたいなものも一緒に添えてあります。どちらもお肉との相性抜群。

f:id:natsuchallenge:20170203224226j:image

ソースも一つのテーブルにおっきい皿で一つずつ出てくるのでかけ放題です。
私は、あまり脂ののったお肉が好きじゃなくて、ステーキとかほとんど食べないんですよ。
なので、このお店に行くのも乗り気ではなかったのですが、ステーキ食べてみると、すごくさっぱりしていて美味しかったです。
赤身なので、ほとんど脂がなく、女性としてはありがたいと思います。

デザートに出てくるチーズケーキが美味しい!?

f:id:natsuchallenge:20170203223815j:image

ハッピーアワーのものを頼むとチーズケーキが最後にデザートとして出てくるのですが、それがとてつもなく美味しかったです。

濃厚で、少し塩ぽいのが入っていて、甘いけどさっぱりしていて、お肉だけでなくケーキまで美味しかったです。

ステーキが安く食べれちゃうオススメの時間

さらに私は、ハッピアワーで入りました。
ハッピアワーとは、簡単に言うと普通に食べるよりも安く食べられる時間です!
11:00~18:00までの時間に入りハッピアワーというと通常よりも安く食べられます。
しかし、ハッピアワーの席は少なく(カウンターのみ)、結構並ばなくては入れません。運がいいとテーブル席に案内してくれることもあるみたいです。
私は16時20分ぐらいに行き16時50分ぐらいに入れたので、約30分で入れました。
ブログだとこの時間に行っても1時間くらい待ったという人もいるみたいなので、なるべく昼ごはんと夜ご飯の間に食べに行くことをお勧めします。